アサギマダラ

10月14日西山での観察会でマーキングされた蝶
西山麓の志賀の郷に来ていました。

アサギマダラ(浅葱斑、学名:Parantica sita)は、チョウ目タテハチョウ科マダラチョウ亜科に分類されるチョウの1種。翅の模様が鮮やかな大型のチョウで、長距離を移動するそうです。

標高の高い山地に多く生息しています。九州以北で成虫が見られるのは5月から10月くらいですが、南西諸島では逆に秋から冬にかけて見れるそうです。